無職でも大丈夫?クレジットカードの更新と在籍確認について

公開日: : 最終更新日:2015/11/29 クレジットカードのお悩み

無職でも大丈夫?クレジットカードの更新と在籍確認について

今現在失業中なんだけど、クレジットカードの更新時には勤務先に在籍確認の電話って入るのかな?

もし、そこで会社を退職しているのがわかったら、やっぱり更新拒否されてしまうのかな?

 
クレジットカードを申し込むときにはちゃんと職に就いていたものの、カードの更新時にタイミング悪く無職状態となってしまった方にとっては、非常に気になる質問ですよね。

普段メインで利用しているカードの場合はなおさら心配だと思います。

そこで今回は、『クレジットカード お悩み編』の第二弾として「クレジットカードの更新時には在籍確認はあるのか?そして、無職とわかっ場合には更新を拒否されてしまうのか?」ということについて紹介したいと思います。

気になるなという方はぜひ最後まで読んでみてください。なお、関連記事として下記も合わせて読んで頂ければ、さらにわかりやすくなるかと思います。

有効期限間近!クレジットカードの更新方法や審査について
クレジットカードの有効期限について!見方や注意点などを徹底解説!

クレジットカードの更新時には在籍確認はあるのか?

クレジットカードを新規に申し込んだ際には、申込者が申告した勤務先に在籍確認をとるカード会社も非常に多いかと思いますが、更新時にかんしては基本どこのカード会社も、勤務先に電話をかけて在籍確認をとるということはありません。

ですから、カードの更新時に勤務先へ連絡が入るのかどうかを気にしている方がいましたら、在籍確認はありませんので安心してください。

カード会社が勤務先への在籍確認を行わない理由としては、カード会社にとって「今現在もちゃんと職に就いているのか?」ということよりも「クレジットカードを使い始めてからの使用頻度や返済状況」といった利用履歴の方を重要視しているためです。

要するに、カードをたくさん使って、毎月きちんと返済してくれている優良会員に対して、わざわざ在籍確認をする必要もない、あるいはそんな余計な手間はかけたくないということです。

在籍確認をしないなら、カードが更新拒否になることもない?

クレジットカードの更新時に、在籍確認をすることがないわけですから、当然無職が原因でカードの更新を拒否されてしまうということはありません。

ただし、あくまで無職が原因でという意味で、利用代金の支払いがたびたび遅れてしまっていたり、カードを全く使っていないという場合には、更新を拒否されてしまうことはもちろんあります。

これは、通常の更新審査になりますので、働いていようがいまいが関係のない話です^_^;

ということは、無職になってもカード会社に申告しなければいいだけってこと?

無職になったとしてもカード会社に申告しなくてもいい?

確かに、カード会社もよほどのことがない限り在籍確認をとるということはしませんので、無職がバレたくなければ申告しなければいいだけってことにはなります。

ですが、クレジットカードの利用規約には、「当社に申告した情報に変更があった場合は、速やかに届け出るものとする」と定められていますので、職業に限った話ではありませんが、申告情報に変更があった場合には、きちんとカード会社に届け出をする義務があります。

この義務を怠り、もしもカード会社に無職であることがバレてしまった場合には、信用を失うこととなり、最悪カードを取り上げられてしまうということにもなりかねません。

また、無職となれば当然収入もなくなるわけですから、カード代金の返済が滞ってしまう可能性も高まり、個人信用情報機関に事故情報として登録される、いわゆるブラックリスト入りしてしまう危険性もあります。

万が一、ブラックリスト入りするようなことにでもなってしまったら、「職に就いたからもう大丈夫だ」というレベルの話ではなくなってしまい、最低でも5年間は、新たなクレジットカードを作ったり、ローンを組むといった取引ができなくなってしまいます。

ですから、そのようなリスクを考えると、無職になったことを正直にカード会社へ申告したほうが良いのではないかと思います。

しかしながら、必ずしも正直にカード会社へ申告した方がいいと言い切ることができない、という思いも実はあります。ここから先は、私の個人的な意見になりますので、それを推奨しているというわけではありません。

カード会社に無職になったと申告しないほうがいい理由とは?

カード会社に無職であることを申告した方がいいという話は先程述べた通りですが、個人的にはカード会社へわざわざ申告しなくても良いのでは?と思う場合もあります。

それは、正直にカード会社へ申告したことで、カードの更新を拒否されてしまうというケースがあるからです。

これは、度重なる延滞や利用頻度の少なさが原因となる更新拒否ではなく、ただ単に無職であるという理由からなる更新拒否という意味です。

クレジットカードを作る際には、審査条件の一つとして、「本人に安定した収入のある方」あるいは「本人に安定継続収入のある方」というものがありますので、無職となり収入を得ることができなくなれば、条件に違反することになってしまいます。

つまり、「収入がない = カードの更新拒否」となってしまう場合もあるということです。

もちろん先にも述べたとおり、カードの更新審査では、無職であることよりも、これまでの利用履歴の方を重要視するため、無職だからという理由で更新されないケースというのは少ないのかもしれませんが、そういう可能性もゼロではないということです。

ですから、3~4ヶ月以内に働く気があるという場合には、わざわざ更新されないリスクを負ってまで、カード会社に申告する必要もないのではと私自身は思います。

もちろん、新しい職についた場合やしばらくの間働く予定がない場合、収入がなくなることで毎月の返済ができない可能性があると思われる場合には、カード会社に申告したほうが良いかとは思いますがね^^;

 
以上、「クレジットカードの更新時には在籍確認はあるのか?そして、無職とわかっ場合には更新を拒否されてしまうのか?」についての紹介でした。

次回は『クレジットカード お悩み編』の第三弾として「無職の方でもクレジットカードの審査に通る方法」について紹介したいと思います。

⇒ 第三弾: 必見!無職の方でもクレジットカードの審査に通る方法

 
【クレジットカード お悩み編】
第一弾: 審査落ち!クレジットカードが作れない6つの原因と理由!
第二弾: 無職でも大丈夫?クレジットカードの更新と在籍確認について
第三弾: 必見!無職の方でもクレジットカードの審査に通る方法
 

スポンサード リンク

スポンサード リンク

みずほ銀行
みずほ銀行のみずほJCBデビットを徹底攻略!実質年会費無料で持てる充実した補償内容は必見!

今回ご紹介するJCBデビットは、日本三大メガバンクの一つであるみず

セブン銀行 デビット付きキャッシュカード
nanacoが貯まる!セブン銀行 デビット付きキャッシュカードを徹底攻略!セブン-イレブンでは圧巻の還元率1.5%

今回ご紹介するJCBデビットカードは、セブン銀行が2016年10月

NCBデビット-Visa
西日本シティ銀行のNCBデビット-Visaを徹底攻略!【Visaデビットカード】

今回ご紹介するVisaデビットカードは、西日本シティ銀行と九州カー

NCBデビット-JCB
西日本シティ銀行が発行するNCBデビット-JCBを徹底攻略!【JCBデビットカード】

今回ご紹介するJCBデビットカードは、西日本シティ銀行と九州カード

smbc
ついに誕生!三井住友銀行 SMBCデビットの特徴を徹底攻略!

SMBCデビットの特徴 SMBCデビットは、クレジットカード会社

→もっと見る

PAGE TOP ↑