VISAカードの元祖!三井住友VISAクラシックカードを徹底攻略!ステイタス性を求めるならこのカード!

公開日: : 最終更新日:2016/04/15 キャッシュバック付カード, 銀行系クレジットカード

VISAカードの元祖!三井住友VISAクラシックカードを徹底攻略!ステイタス性を求めるならこのカード!

三井住友VISAクラシックカードってどんなカード?

三井住友VISAクラシックカードの特徴
三井住友VISAクラシックカードとは、三井住友カード株式会社が発行する数あるカードの中で、最もスタンダードなクレジットカードです。

カードブランドは ”VISA” というイメージが強いですが、”MasterCard” もあります。そして、VISAとMasterCardの2枚持ちができる珍しいカードでもあります。

三井住友カードと言えば、1980年に「日本で初めてVisaカードを発行した」ということでも有名ですが、提携企業の多さや手厚い補償などにも定評があります。

宝塚歌劇団やUSJなどでの優待特典、海外旅行保険やショッピング保険の無料付帯は、国内最大手のカード会社ならではのサービスといえます。

ショッピング利用にかんしては、利用金額に応じて「ワールドプレゼント」が貯まり、ポイント数に応じた様々な商品や他社のポイントプログラムに移行することができます。

また、200ポイント以上1ポイント単位でキャッシュバックしたりすることもできます。

三井住友VISAクラシックカードは、「充実したサービス」と「安心感」の両方を兼ね備えたバランスのとれた1枚と言えますので、”初めてのカード選びで悩む” という方は、候補の一つに入れても間違いないかと思います。

うれしい年会費割引&無料サービス!

インターネットから三井住友VISAクラシックカードを申し込んだ新規の方は、初年度の年会費が無料になりますが、2年目以降は毎年「1,250円(税抜)」の年会費がかかってきます。

しかし、いくつかの条件を満たすことで、この年会費を無料、あるいは割引してもらう制度が、三井住友VISAクラシックカードには用意されています。

いずれの条件も、それほど高いハードルではありませんので、ぜひとも狙ってみてください。

「カードご利用代金WEB明細書サービス」で500円割引!

まず、一番手っ取り早く簡単なのが、毎月のカード利用代金明細書を郵送ではなく、WEBで確認する「カードご利用代金WEB明細書サービス」に切り替える方法です。

そうすれば、年会費が500円割引され ”750(税抜)” にすることができます。ただし、過去1年間に6回以上の請求がある方が対象となる点には注意してください。

まぁ2ヵ月に1度使えば良いだけなので、難しくはないかと思います。

「前年度の支払い買い物累計額」に応じて年会費無料!

次の条件は、「前年度(2月~翌1月)の支払いの買い物累計額」に応じて、年会費がお得になるというものです。

この条件は、言葉で説明すると少々ややこしいので、わかりやすく表にまとめておきたい思います。

「VISA」または「MasterCard」いずれか ”1枚” お持ちの方
紙の明細書を利用WEB明細書を利用
前年度の支払い買い物累計額
100万円以上300万円未満300万円以上100万円以上300万円未満300万円以上
625円(税抜)無料125円(税抜)無料
「VISA」と「MasterCard」の ”2” 枚お持ちの方
紙の明細書を利用WEB明細書を利用
前年度の支払い買い物累計額
100万円以上300万円未満300万円以上100万円以上300万円未満300万円以上
750円(税抜)無料125円(税抜)無料

 
三井住友VISAクラシックカードの国際ブランドは、VISAとMasterCardの2つから選択することができますが、”2つ同時に発行”いわゆるデュアル発行が可能となっています。

1枚持ちと2枚持ちの割引額は、それぞれ上の表の通りになりますが、2枚持ちの場合の「カードご利用代金WEB明細書サービス」は、VISAとMasterCard両方のカードを、WEB明細書に切り替えないといけない点には注意してください。

つまり、片方が紙の明細書、もう片方がWEB明細書では割引されないということです。

「マイ・ペイすリボ」に登録&利用で年会費無料!

そして、最後の条件が「マイ・ペイすリボに登録をする」というものです。

マイ・ペイすリボというのは、毎月の支払い金額を自分自身で決められる支払い方法のことです。まぁ要は、「リボ払い」のことですね。

この、マイ・ペイすリボに登録して、年に1回以上カードを使えば、年会費を無料にすることができます。

「リボ払いは手数料がかかるから使わない」という方も多いかと思いますが、マイ・ペイすリボの初回支払い手数料は ”無料” となっていますので、「最低お支払い金額」を自分の利用限度額一杯まで設定しておけば、通常の1回払いと同じように使うことができます。

つまり、リボ払いの手数料を支払うことなく、年会費を無料にすることができるということです。普段はリボ払いNGという方も、手数料のかからないこれなら問題ありませんね。

マイ・ペイすリボの初回リボ払い手数料が無料なうちは、ぜひ活用してみてください。

家族カードとETCカードの無料条件は?

家族カードの場合は、「年に3回以上、家族カードを使って買い物をする」、ETCカードの場合は、「年に1回以上、ETCを利用する」ことで、翌年度の年会費を無料にすることができます。

「ワールドプレゼント」が貯まる!

ワールドプレゼント
三井住友VISAクラシックカードは、利用金額1,000円(税込)につき1ポイントの「ワールドプレゼント」を貯めることができます。

ポイント還元率は、基本「1ポイント=5円相当」になるので、0.5%となります。平均的な水準ですね。

貯まったポイントは、WAONや楽天Edyといった電子マネー、T-ポイントやpontaポイントといった他社のポイントサービスと交換することができるほか、ビックカメラやJoshinといった家電量販店のポイントとも交換することができます。

また、1ポイント=3円換算で、キャッシュバックしたりすることもできます。いずれの場合も、ポイント交換単位は、200ポイントからとなっています。

なお、ポイントの有効期限は、「ポイント獲得月から2年間」と長めに設定されています。

ポイント交換の一覧(一部抜粋)

交換アイテム名交換レート
WAONポイントワールドプレゼント「1ポイント」 ⇒ 三井住友カードWAON「5ポイント」
ワールドプレゼント「1ポイント」 ⇒ その他のWAONカード「3ポイント」

200ポイント以上100ポイント単位
1回のポイント移行の上限は10000ポイント
楽天Edyワールドプレゼント「1ポイント」 ⇒ 楽天Edy「3円分」

200ポイント以上100ポイント単位
1回のポイント移行の上限は8300ポイント
nanacoポイントワールドプレゼント「1ポイント」 ⇒ nanacoポイント「3ポイント」

200ポイント以上100ポイント単位
1回のポイント移行の上限は16600ポイント
Tポイントワールドプレゼント「1ポイント」 ⇒ Tポイント「4.5ポイント」

200ポイント以上100ポイント単位
Pontaポイントワールドプレゼント「1ポイント」 ⇒ Pontaポイント「4.5ポイント」

200ポイント以上100ポイント単位
ビックポイントワールドプレゼント「1ポイント」 ⇒ ビックポイント「5ポイント」

200ポイント以上100ポイント単位
ジョーシンポイントワールドプレゼント「1ポイント」 ⇒ ジョーシンポイント「5ポイント」

200ポイント以上100ポイント単位
キャッシュバックワールドプレゼント「1ポイント」 ⇒ キャッシュバック「3円」

200ポイント以上1ポイント単位

「ボーナスポイント」で還元率最大30%アップ!

ポイントボーナス
三井住友VISAクラシックカードには、1年間のカード利用累計額によってポイントがプレゼントされる「ボーナスポイント」が用意されています。

その詳細は、前年度(2月~翌年1月)支払いの買い物累計金額によって「V1」「V2」「V3」の各ステージが設定され、ステージと今年度支払いの買い物累計金額に応じてボーナスポイントがプレゼントされるというものです。以下詳細

前年度カード利用累計額ステージ今年度のカード利用累計金額に応じたボーナスポイント
300万円以上V350万円で150ポイント
以降10万円ごとに30ポイント
100万円以上300万円未満V250万円で75ポイント
以降10万円ごとに15ポイント
50万円以上100万円未満V150万円で50ポイント
以降10万円ごとに10ポイント

ボーナスポイント期間

三井住友カードが運営するショッピングモール「ポイントUPモール」を経由すれば還元率が最大20倍!

ポイントUPモール
三井住友カード会員の方は、「ポイントUPモール」を経由して買い物するだけで、ポイントを効率よく貯めることができます。

ポイント還元率は最大で20倍(還元率20%)となっていますが、最低でも2倍(還元率1%)はありますので、かなりお得にポイントを貯めることができます。

ポイントがザクザク貯まるとはいえ、利用したいショップがなければ意味がありませんが、ポイントUPモールにはAmazon.co.jpや楽天市場、Yahoo!ショッピングをはじめとする有名店舗がたくさん加盟していますので、お店選びで悩むということはないはずです。

くれぐれも「ポイントUPモール」を経由して買い物をしないと、ポイントアップされないという点だけは注意してくださいね。

プレミアムポイント加盟店を利用してポイント獲得!

プレミアムポイント加盟店
三井住友VISAクラシックカードなら、ステッカーのある加盟店でカードを利用するだけで、ステッカーに表示されている倍率分のポイントを貯めることができます。

例えば、カードで1万円を利用した場合、通常の加盟店であれば「10ポイント」貯まりますが、加盟店のステッカーに ”×10” と表示されていれば、10ポイント×10=100ポイントの「ワールドプレゼント」を貯めることができます。

かなりお得になるので、プレミアムポイント加盟店はあらかじめ確認しておくことをおすすめします。

プレミアムポイント加盟店については、こちらで確認できます。

「マイ・ペイすリボ」を利用すればポイントが2倍にアップ!

マイ・ペイすリボでポイント2倍
三井住友VISAクラシックカードで「マイ・ペイすリボ」を利用すると、”リボ払い手数料の請求がある月” は、通常ポイントにボーナスポイントが加算され、2倍のワールドプレゼントを貯めることができます。

”リボ払い手数料の請求がある月” というのがポイント2倍の条件になりますので、リボ払い手数料がかからない初回に全額支払ってしまうと、ポイント2倍にならない点には注意してください。

USJの「1デイ・スタジオ・パス」が割引価格で購入可能!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのオフィシャルカードである三井住友カード会員の方なら、1日中USJが楽しめる「1デイ・スタジオ・パス」を割引価格で購入することができます。

1デイ・スタジオ・パス割引価格や購入方法については、こちらを参照してください。

宝塚歌劇団の「貸切公演チケット」が購入可能!

宝塚歌劇団
三井住友カードはカード会員向けのチケットサービスが充実しています。カード会員だけの先行販売や優待割引公演のチケットを購入したりすることができます。

その中でも特に、宝塚歌劇団の優待サービスには定評があり、三井住友カード会員の方は兵庫と東京の宝塚劇場で、毎月1~3回開催される「貸切公演」のチケットを購入することができます。

入手困難なことも多い公演チケットも、貸切公演なら問題なくゲットすることができますね。ただ、申込者数があまりに多いと、抽選にはなってしまうこともありますが・・・

とは言え、貸切公演は宝塚歌劇団ファンの方にとってはうれしいサービスと言えますので、公演を良く見に行くという方には、必須カードと言っても良いかもしれませんね。

世界に1枚だけ!「写真入りカード」が発行可能!

写真入りカード
三井住友カードは、あなたの顔写真が印刷された、世界でたった1枚の「写真入りカード」を作ることができます。万が一、カードを紛失したり、盗難の被害にあった場合でも、ひと目で本人だと分かるので安心です。

写真入りカードの発行を希望する場合には、「写真入りカード取替え申込書」と「縦45mm×横35mmのパスポートサイズの写真」が必要になります。

発行手数料や年会費が余分にかかってしまうということはありませんので、誰でも気軽に申し込むことができます。もちろん本会員だけでなく、家族カードも無料で発行することができます。

ただし、写真入りカードは「VISA」だけのサービスとなりますので、「MasterCard」を選んだ方は残念ながら発行することはできません。

顔写真入りカードを作りたいという方は、VISAを選択するようにしてくださいね。

事前チャージ不要電子マネー「iD」が無料で利用できる!

三井住友カード iD
三井住友VISAクラシックカードなら、コンビニや自動販売機でカードやドコモの「おサイフケータイ®」対応機器をかざして買い物ができる、チャージいらずの電子マネー「iD」を、年会費・発行手数料無料で利用することができます。

「三井住友カード iD」の選べるタイプとしては以下の3つ。

専用カード
クレジット一体型
おサイフケータイ

 
どのタイプを選ぶのかは、その人のライフスタイルによってかわると思いますが、どれを選んだにせよ、事前にチャージが必要な ”前払い式(プリペイド)” ではなく、チャージいらずの ”後払い式(ポストペイ)” というのは、使い勝手としては抜群です。

電子マネーでありながら、クレジットカードと同じように使えますからね。

もちろん、少額利用であっても、合計1,000円(含む消費税等)ごとにワールドプレゼントを貯めることができ、貯めたポイントは、1ポイント=5円として「三井住友カード iD」の利用代金にキャッシュバックすることができます。(200ポイント以上100ポイント単位)

貯めたポイントをiDの支払いに充当できるカードは貴重ですので、「iD」を良く利用しているという方には特におすすめです。

なお、キャッシュバックするためには、「三井住友カード iD」を持っている、かつ「iDバリュー」に登録する必要があります。iDバリューについてはこちら、三井住友カード iDについてはこちらを参照してください。

「VJトラベルデスク」で国内・海外パッケージツアーが最大5%OFF!

VJトラベルデスク
三井住友カードの旅行予約サービス「VJトラベルデスク」を利用すれば、国内・海外パッケージツアーが基本代金から最大5%OFF(同伴者分も含む)になります。

利用方法も、パッケージツアーが決まったらパンフレット記載の「コース番号」「旅行条件」をVJトラベルデスクまで申し込むだけなので簡単です。

大手旅行会社の「日本旅行」をはじめ、ANAセールスやJALパックも5%OFFで申し込めますので、旅行好きの方には、うれしいサービスと言えますね。

詳しい詳細についてはこちらで確認してください。

お急ぎの方は必見!最短3営業日のスピード発行

らくらく発行
三井住友VISAクラシックカードは、インターネットで申し込みをしてから ”最短3営業日” で、自宅にカードを発送してくれるスピード発行が可能となります。

カードを申し込んでから、約1週間で手元に届きますので、急いでいる方は助かりますね。

ただし、入会の申し込みと同時に各銀行のウェブサイトで引き落とし口座の設定をされない場合や、対応していない金融機関を引落し口座に指定した場合は、申し込み後からカード到着まで、約2~3週間かかってしまいます。

また、各銀行のウェブサイトがメンテナンス中の場合も、スピード発行を利用することはできません。
スピード発行が可能な金融機関はこちらで確認してください。

お申込み・公式サイト

三井住友VISAクラシックカードの基本情報

カード名称三井住友VISAクラシックカード
カードブランドVISA / MasterCard
申込資格満18歳以上の方(高校生は除く)
年会費本人1,250円(税抜) 初年度無料 翌年度以降も条件付無料
家族カード400円(税抜) 1人目初年度無料 翌年度以降も条件付無料
ETCカード500円(税抜) 初年度無料 翌年度以降も条件付無料
支払い支払方法1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス一括払い
締め日①毎月15日 ②毎月末日 選択制
支払い日①翌月10日 ②翌月26日
手数料分割払い12.00~14.75%(実質年率)
リボ払い15.00%(実質年率)
キャッシング18.00%(実質年率)
ポイント名称ワールドプレゼント
換算率1,000円(税込) = 1ポイント 1ポイント=5円相当(還元率0.5%)
発行元社名三井住友カード株式会社
所在地東京都港区海岸1-2-20

海外旅行保険

傷害死亡・後遺傷害最高 2,000万円
傷害治療費用50万円 限度(1回につき)
疾病治療費用
賠償責任2,000万円 限度(1回につき)
自己負担額なし
携行品損害15万円 限度(1旅行中かつ1年間の限度額)
自己負担額1回の事故につき3,000円
救護者費用年間 100万円 限度
家族特約
適用条件日本を出発する前に「三井住友VISAクラシックカード」で旅行代金などを支払った場合のみ
補償期間旅行開始から3ヵ月間(かつ旅行期間中)
旅行出発後にはじめて利用条件を満たした場合には、利用条件を満たした以降から3ヵ月間(かつ旅行期間中)

国内旅行保険

死亡・後遺障害
入院日額
通院日額
手術(1回)
家族特約
適用条件

ショッピング保険

名称お買物安心保険
補償額国内年間 100万円 限度
自己負担額は1回の事故につき 3,000円
海外
適用条件海外での利用および国内でのリボ払い・分割払い(3回以上)の利用のみ
補償対象三井住友VISAクラシックカードにて購入した商品が、破損・盗難・火災等の偶然の事故により損害を被った場合
補償期間商品の購入からはじまり、購入日の翌日(配送などによる場合には商品の到着日)から起算して90日間

 
お申込み・公式サイト

 

スポンサード リンク

スポンサード リンク

みずほ銀行
みずほ銀行のみずほJCBデビットを徹底攻略!実質年会費無料で持てる充実した補償内容は必見!

今回ご紹介するJCBデビットは、日本三大メガバンクの一つであるみず

セブン銀行 デビット付きキャッシュカード
nanacoが貯まる!セブン銀行 デビット付きキャッシュカードを徹底攻略!セブン-イレブンでは圧巻の還元率1.5%

今回ご紹介するJCBデビットカードは、セブン銀行が2016年10月

NCBデビット-Visa
西日本シティ銀行のNCBデビット-Visaを徹底攻略!【Visaデビットカード】

今回ご紹介するVisaデビットカードは、西日本シティ銀行と九州カー

NCBデビット-JCB
西日本シティ銀行が発行するNCBデビット-JCBを徹底攻略!【JCBデビットカード】

今回ご紹介するJCBデビットカードは、西日本シティ銀行と九州カード

smbc
ついに誕生!三井住友銀行 SMBCデビットの特徴を徹底攻略!

SMBCデビットの特徴 SMBCデビットは、クレジットカード会社

→もっと見る

PAGE TOP ↑