クレジットカードの仕組みを図解で徹底解説!三者間契約とは?

公開日: : 最終更新日:2016/08/29 クレジットカードの基礎知識

クレジットカードの仕組みを図解で徹底解説!三者間契約とは?
今回は『クレジットカード 基礎知識編』の第一弾として、「クレジットカードの仕組み」について紹介したいと思います。

いきなり仕組みなんて言われても何のことだかさっぱりわからない(;´∀`) という方もいらっしゃるかとは思いますが、ここでいう仕組みとはクレジットカードを使うために必要なことや、カード利用から決算されるまでのお金の流れについてのことです。

この辺りのことを出来るだけわかりやすく解説していくつもりですので、クレジットカードの仕組みを知りたい!という方は、ぜひ最後まで読んでいってください(^^)

クレジットカードを使うために必要なこととは?

皆さん、クレジットカードを使うためには何が必要だと思いますか?それは、「カードを使う人」と「カードが使えるお店」、そして「カードを発行する会社」です。

なんだそれ(-_-;) って思うかもしれませんが、この3者の関係はとても重要で、どれか一つでも欠けてしますとカードは使えなくなってしまいます。

カードを使う人は『カード会員』、カードが使えるお店は『カード加盟店』、カードを発行する会社は『カード会社』と一般的に良く言われています。

では、この3者についてもう少し詳しく見ていきたいと思います。まずは下の図をみてください。

三者間契約
まず、目につくのはど真ん中に書いてある『信用』という言葉、クレジットカードはこの信用よって成り立っています。

皆さんはクレジットカードの意味ってなんだろうと思ったことはありますか?クレジットカード(Credit Card)のクレジット(Credit)は、日本語に訳すと『信用、信用する』といった意味になります。

つまり『クレジットカード = 信用カード』ということになります。このことからも、クレジットカードは信用を核としているということがわかるのではないかと思います。

次に、左上に書いてある『三者間契約』とは一体何なのでしょうか。

三者間契約とは一体何?

ほとんどの方は気づいているかと思いますが、三者間契約の三者間とは、「カード会員」、「カード加盟店」、「カード会社」を指しています。

そして、契約とは三者間の間で「固く結ばれいる条約や協定」などを指しています。

三者間の契約については、カード会員とカード加盟店との間には「売買契約」、カード加盟店とカード会社の間には「加盟店契約」、カード会社とカード会員の間には「会員契約」がそれぞれ結ばれています。

ちなみに、クレジットカードを発行している会社のことを『イシュアー』、加盟店の開拓や管理を行う加盟店契約会社のことを『アクワイアラー』と呼びます。

クレジットカードは「カード会員」、「カード加盟店」、「カード会社」の3者が基板となっているということを覚えておいて下さいね。

それではこの三者をもとに、実際のお金の流れについて見ていきたいと思います。

カード利用から決算されるまでのお金の流れとは?

カードをお店で利用してから決算されるまでの間のお金の流れはどうなっているのでしょうか。こちらもまずは、下の図を見て下さい。

クレジットカードの仕組み
上の図だけでほとんど事足りている感じもしますが、少しだけ補足していきます。

私たちカード会員がクレジットカードを使って買い物をした場合、お店側はカード会社に対して商品代金の請求します。

売上データを受け取ったカード会社は、カード会員の代わりに商品の代金をお店側に支払います。その際、お店側はカード会社に対して購入代金の数%を手数料として支払わなければならないので、支払額はその手数料分を差し引いた額となります。

クレジットカードを使って購入した商品の代金は、後日カード会社から30日分まとめて請求がきます。そして、カード発行時にカード会員が指定した自分の銀行口座から、商品購入代金が引き落としされます。

以上がおおまかなお金の流れになります。

ところで、上の図を見ているとあることに気がつきませんか?カード加盟店は、クレジットカードが使われるたびに、カード会社に手数料を支払わなければならない。メリットが何もないのでは??

一見するとそう見えますが、ちゃんとカード加盟店にもメリットはあります。では、どういったメリットがあるのでしょうか。

次は、3者それぞれのメリットとデメリットについて見ていきたいと思います。

「カード会員」「カード加盟店」「カード会社」のメリットとデメリットとは??

それでは、カード会員、カード加盟店、カード会社の順にメリットとデメリットを見て行きましょう

カード会員のメリットとデメリット

お店でクレジットカードを使えば、その場で現金を支払うことなくほしい商品やサービスがすぐに手に入ります。

財布に持ち合わせがなくても商品が買えるのはメリットですね。ですが、最大のメリットはやはり『ポイント還元』です。

例えば、還元率1%のクレジットカードで10,000円の商品購入した場合、100円分のポイントが還元されますので、実質9,900円で買い物することができます。年間トータルでみるとかなりの節約効果が期待できます。

逆にデメリットとしては、カードを使えば現金を必要としないため、ついつい物を買いすぎてしまったり、高いものでも躊躇せずに買ってしまう傾向が強くなってしまうことです。

また、カードの盗難や不正利用の危険性などもあげられます。不正利用の被害にあった場合の損害額は、非常に高額となることが多いので十分注意する必要があります。

不正利用については『クレジットカードが不正利用された!対処法と対策法について』で詳しく紹介していますので参考にしてみてください。

カード加盟店のメリットとデメリット

カード加盟店にっとての最大のメリットは、消費者が買い物をしやすくなるという点です。

ほしい商品が目の前にあっても、財布に現金が入っていなければ商品を諦めるしかありませんが、現金を必要としないクレジットカードなら、持ち合わせを気にすることなくほしいと思った時に商品を購入することができます。

このように、現金が足りないことによる売り逃しを防ぐことができ、結果売上アップにつなげることができます。

この他にも、高額商品が売れやすくなったり、消費金額の向上効果、現金でのやり取りがないことによる購入代金の受け取りミスやお釣りの渡しミス、強盗などによる被害額が少なくて済むといったようなことなどがあげられます。

デメリットについてはすでに言ってますが、カードを使って買い物される度に、購入金額の数%を手数料としてカード会社に支払わなければならないことです。手数料の割合は業種によって違いますが、およそ3%~7%程度となっています。

カード会社のメリットとデメリット

カード会社の最大のメリットは、なんといっても『利益』です。利益は「カード加盟店」と「カード会員」の2つから得ることができます。

カード加盟店からは、クレジットカードを使って購入した商品代金の数%(3%~7%程度)が手数料として入ります。

カード会員からは、クレジットカードの年会費と分割払いやリボ払い、キャッシングを利用した際の手数料が入ります。カード会社が得られる利益のうち、この分割払い、リボ払い、キャッシングの手数料の割合がかなり多いみたいですね。

ちなみに、カード会社は得た利益の一部をカード会員へのポイント還元や、新たな顧客獲得への材料として利用しています。

逆にデメリットとしては、万が一カード会員が利用代金の支払いができないということになった場合、代金を回収できない可能性があることや、カードを使わない人からは利益を得ることができないということです。

以上が「カード会員」「カード加盟店」「カード会社」それぞれのメリットとデメリットになります。

 
いかがでしたか?少しでも仕組みについて理解してもらえたなら嬉しく思います。これにて、『クレジットカード 基礎知識編』の第一弾、「クレジットカードの仕組み」についての紹介は終わりです(^_^)

次回は、『クレジットカード 基礎知識編』の第二弾として、「クレジットカードの使い方」について紹介したいと思います。

⇒ 第二弾: 店頭とネットショップでのクレジットカードの使い方。初めての方は必見!

 
【クレジットカード 基礎知識編】
第一弾: クレジットカードの仕組みを図解で徹底解説!三者間契約とは?
第二弾: 店頭とネットショップでのクレジットカードの使い方。初めての方は必見!
第三弾: クレジットカードの有効期限について!見方や注意点などを徹底解説!
第四弾: 有効期限間近!クレジットカードの更新方法や審査について
第五弾: クレジットカードを解約する前に確認しておきたい8つのポイント!
第六弾: クレジットカード番号に秘められた意味を徹底紹介!適当に数字を並べているだけじゃないんだ
 

スポンサード リンク

スポンサード リンク

NCBデビット-Visa
西日本シティ銀行のNCBデビット-Visaを徹底攻略!【Visaデビットカード】

今回ご紹介するVisaデビットカードは、西日本シティ銀行と九州カー

NCBデビット-JCB
西日本シティ銀行が発行するNCBデビット-JCBを徹底攻略!【JCBデビットカード】

今回ご紹介するJCBデビットカードは、西日本シティ銀行と九州カード

smbc
ついに誕生!三井住友銀行 SMBCデビットの特徴を徹底攻略!

SMBCデビットの特徴 SMBCデビットは、クレジットカード会社

不安解消!高速道路の通行料をクレジットカード払いにする際の4つの疑問
不安解消!高速道路の通行料をクレジットカード払いにする際の4つの疑問

高速道路の料金所を通過する際、車にETC車載器が搭載されていれば、

クレジットカード番号に秘められた意味を徹底紹介!適当に数字を並べているだけじゃないんだ
クレジットカード番号に秘められた意味を徹底紹介!適当に数字を並べているだけじゃないんだ

クレジットカード表面のど真ん中に記載されている、14桁~16桁から

→もっと見る

PAGE TOP ↑