西日本シティ銀行が発行するNCBデビット-JCBを徹底攻略!【JCBデビットカード】

公開日: : 最終更新日:2017/01/11 JCBデビットカード

西日本シティ銀行のNCBデビット-JCBを徹底攻略!【JCBデビットカード】
今回ご紹介するJCBデビットカードは、西日本シティ銀行と九州カード株式会社が、2016年10月3日より発行を開始した「NCBデビット-JCB」。

国内・海外のJCB加盟店で現金の代わりとして使えるだけではなく、JCBが提供するさまざまな特典も同時に利用することができます。

クレジットカードは持ちたくないけど、現金払いよりはお得に利用したいという方は必見です。

西日本シティ銀行の普通預金口座(総合口座含む)を持っている方、あるいは西日本シティ銀行本支店の営業地域内にお住みの方は、ぜひJCBデビット選びの参考にしてみてください。

なお、銀行がカード会社と共同でデビットカードを発行するのは、国内初と取組となります。

NCBデビット-JCBのおすすめポイント

年会費は1,000円(税抜)。しかし一定の条件で無料!

「NCBデビット-JCB」の年会費は毎年1,000円(税抜)が必要になりますが、次の条件のうちどちらか一つでも満たしていれば、ずっと無料で持ち続けることができます。初年度は年会費無料

  1. NCBデビット-JCBの年間ショッピング利用累計額が10万円以上の方
  2. 満18歳以下の方

 
毎月の目標額は「8,340円」。これさえキープしていれば年間10万円は達成です。比較的ハードルは低いかな。

満18歳以下の方は楽ですね。何もせずとも年会費は無料です。

貯まるポイントは「Oki Dokiポイント」

NCBデビット-JCBを使って貯まるポイントは、「Oki Dokiポイント」。JCBのクレジットカードではお馴染みですね。

ポイント付与率もクレジットカード同様、毎月の利用合計金額1,000円(税込)ごとに1ポイントが貯まります。

貯まったポイントは、Amazonでの買い物に使ったり、Tポイントやマイルといった他のポイントプログラムへ移行したりすることができます。

また、毎月の支払金額に充当することもできます。もちろん、商品カタログから好きな商品との交換も可能です。

ポイント消化にかんしては、JCBが提供しているということもあり「使い道がない」といったことにはならないと思いますが、商品と交換する際の ”還元率” には注意が必要です。

「Oki Dokiポイント」の基本還元率は0.5%。まぁ可もなく不可もなくですが、交換する商品によっては0.5%を下回る場合があります。

例えば、Amazonでの買い物にOki Dokiポイントを利用した場合では、「1ポイント=3.5円分」となり、還元率は0.35%まで下がってしまいます。その他にも、

  • Tポイント → 還元率0.4%
  • 楽天スーパーポイント → 還元率0.4%
  • 楽天Edy → 還元率0.3%
  • WALLET ポイント → 還元率0.4%

 
となってしまいます。正直、これはもったいない。

やはり、最低でも還元率0.5%の等価交換はキープしたいところです。例えば、

  • nanacoポイント
  • WAONポイント
  • ビックポイント/ビックネットポイント
  • ジョーシンポイント
  • ベルメゾン・ポイント
  • スターバックス カード チャージ

 
などは、Oki Dokiポイント 1ポイントに対して5ポイントあるいは5円分と交換することができます。

お得に利用していくなら等価交換するのが鉄則ですね。

さらにお得をつきつめたいという方は、まれに期間限定で実施されるキャンペーン時にポイント交換するのがベストです。

比較的多いのがnanacoポイントですが、キャンペーン時にポイント交換すると、通常Oki Dokiポイント 1ポイントあたりnanacoポイント5ポイントのところが、6ポイントと交換することができます。

還元率は0.6%になるので0.1%分お得になります。

ちりも積もればなんとやらです。nanacoポイントを貯めている方はぜひ活用してみください。

「NCBポイントサービス」で10ポイント獲得!

西日本シティ銀行には、西日本シティ銀行との取引内容をポイント化して、その合計ポイントに応じたいろいろな特典が受けられる「NCBポイントサービス」が用意されています。

  • 給料振込で30ポイント獲得
  • 年金自動受取で30ポイント獲得
  • 公共料金の支払いで5ポイント獲得(1項目ごと)
  • 積立で10ポイント獲得
  • 住宅ローンで70ポイント獲得

 
といった感じですね。そして、NCBデビット-JCBを発行することで「10ポイント」獲得することができます。

受けられるサービスは、下記図のとおり。

NCBポイントサービス特典
一番の利点はやはり、ATM利用手数料の優遇ですね。

利用頻度の高いコンビニATMで見ると、シルバーステージで ”月3回無料”、ゴールド以上で ”いつでも無料” となっています。

各ステージに必要なポイントは、

NCBポイントサービスステージ

  • シルバー:50ポイント以上
  • ゴールド:100ポイント以上
  • プラチナ:200ポイント以上
  • ダイヤモンド:500ポイント以上

 
となります。

シルバーステージは比較的簡単に達成することができると思いますが、ゴールド以上を狙うとなると、一気に難易度が上がってしまいますね。

取引項目に応じた獲得ポイントは、こちらで確認できますので上位ステージを狙う際の参考にしてみてください。

JCBブランドだからこそ利用できる限定特典!

JCBブランドであるNCBデビット-JCBなら、JCBが提供する次の6つの限定特典を利用することができます。

  1. JCB ORIGINAL SERIESパートナー
  2. Oki Doki ランド
  3. 海外ダブルポイントサービス
  4. JCB STAR MEMBERS(スターメンバーズ)
  5. 旅行傷害保険サービス
  6. ショッピング保険(ショッピングガード保険)

1.JCB ORIGINAL SERIESパートナー

JCB ORIGINAL SERIESパートナーとは、対象カードを対象店舗にて利用することで、通常よりも多くのOki Dokiポイントが貯まる優待サービスのことです。

例えば、スターバックスで1,000円(税込)以上利用すると、通常時と比べ5倍のOki Dokiポイントを貯めることができます。還元率はなんと2.5%です。

その他にも、

  • セブン-イレブン → ポイント3倍(還元率:1.5%)
  • Amazon.co.jp → ポイント3倍(還元率:1.5%)
  • 昭和シェル → ポイント2倍(還元率:1.0%)
  • イトーヨーカドー → ポイント3倍(還元率:1.5%)

 
と、軒並み1.0%を超える還元率になります。

通常利用でのポイント還元率はお世辞にも良いとは言えませんが、ポイントアップ対象店舗をうまく利用すれば、常に高い還元率での運用が可能となります。

本カードを作るかどうかの判断は、「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」で、普段良く利用するお店があるかどうかを確認してからでも良いかもしれませんね。

それくらい、このサービスはお得です。

2.Oki Doki ランド

Oki Doki ランド」は、JCBが運営するポイント優待サイト。いわゆるショッピングモールのことですね。

「Oki Doki ランド」を経由して買い物をするだけで、いつでもポイントが2倍以上になります。

さらに、ポイントアップキャンペーン中に利用すれば、最大20倍までアップさせることも可能です。

この手のサービスは、クレジットカードであればそれほど珍しいこともでもないですが、デビットカードで利用できるというのは大きなメリットだと言えますね。

肝心の加盟店舗ですが、こちらはやはり大手JCBということもあり、

  • Amazon.co.jp
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング
  • セブンネットショッピング
  • 赤すぐnet

 
といった有名どころは網羅していますので、「利用したい店舗がない!」なんてことにはならないかと思います。

注意するのは、「Oki Doki ランドを経由する」ということだけです。ネットショッピングを利用する際には、決して忘れないでくださいね。

3.海外ダブルポイントサービス

海外での買い物や海外のオンラインショップでよく買い物をするという方にとっては、非常にうれしいサービスですね。

NCBデビット-JCBを使えば、自動的にポイントが通常の2倍になります。

4.JCB STAR MEMBERS(スターメンバーズ)

NCBデビット-JCBなら、JCBではお馴染みの登録不要のメンバーシップサービス「JCB STAR MEMBERS」を利用することができます。

年間での利用額に応じてランクが決定し、そのランクに応じた「Oki Dokiボーナスアップ」や「キャンペーンチャンスアップ」といったサービスが受けられます。

条件や特典の詳細については下記をご参照ください。

集計期間中の
利用合計金額
メンバーランクメンバー特典
ポイントアップキャンペーン
抽選口数アップ
100万円以上の方スターα(アルファ)PLUS翌年のポイントが50%UP4倍
50万円以上の方スターβ(ベータ)PLUS翌年のポイントが20%UP2倍
30万円以上の方スターe(イー)PLUS翌年のポイントが10%UP2倍

毎年12月16日~翌年12月15日のご利用分が集計されます。ただし、加盟店からの売上データが集計期間終了後に株式会社ジェーシービーに到着した場合は、翌年分の集計となります。
カード年会費、カード再発行手数料、遅延損害金、電子マネーチャージ利用分、募金、海外現地通貨引き出しサービスご利用分は、集計の対象外となります。

スターα(アルファ)PLUSを達成すれば、還元率は0.5%→0.75%までアップすることができますね。

正直ハードルは非常に高いと思いますが、適用期間が1年間と長いので、狙えるなら狙っていきたいところではありますね。

5.旅行傷害保険サービス

NCBデビット-JCBには、旅行傷害保険サービスが付帯されていますので、旅行や出張によく行く、あるいは留学する予定があるという方にもおすすめなカードになります。

残念ながら「自動付帯」ではなく「利用付帯」になるので、事前に旅行費用などをNCBデビット-JCBで支払うなど、所定の条件を満たす必要はありますが、旅行中に起きた事故や病気、ケガなどを最高3,000万円まで補償してくれますので、万が一の時には安心です。

さらに、傷害による死亡・後遺障害時のみとはなりますが、国内での旅行に対しても、最高 3,000万円の補償が用意されています。

贅沢を言うなら、やはり入院・通院費は付けてほしかったところですね。

なお、詳しい補償内容については下記表にまとめておきますので、旅行傷害保険で比較する際にぜひご利用ください。

国内旅行傷害保険海外旅行傷害保険
傷害による死亡・後遺障害最高3,000万円最高3,000万円
傷害による治療費用100万円限度
疾病による治療費用100万円限度
賠償責任2,000万円限度
携行品の損害1旅行につき20万円限度
保険期間中100万円限度
自己負担額1事故につき3,000円
救援者費用等100万円限度

 

6.ショッピング保険(ショッピングガード保険)

NCBデビット-JCBには、旅行傷害保険サービスだけでなくショッピング保険も標準付帯されています。

ただ、日本で購入した商品に対しては保険適用外となってしまうので、旅行傷害保険サービスに比べ活躍する場は少ないかもしれませんね。以下詳細

補償金額年間最高 100万円
自己負担額1事故あたり 10,000円
補償期間購入日から90日間

 

海外での活用方法

海外ショッピング

JCBマークのある加盟店で普通預金残高の範囲内かつ、以下のJCBデビットご利用可能枠の範囲内で利用することができます。

【1回:200万円、1日:200万円、1ヵ月:500万円】

初期設定は1回/1日:50万円、1ヵ月:100万円となっていますが、いつでも変更が可能となっています。

海外ショッピングを利用する際には、JCBが指定する為替レートで円換算した利用金額に海外事務手数料(円換算後の利用金額の3.00%)がかかります。

海外ATM(現地通貨引出し)

JCBデビット海外ATM
JCBマークやCirrusマークがついた海外ATMで普通預金残高の範囲内かつ、以下のJCBデビットご利用可能枠の範囲内で利用することができます。

【1回:30万円、1日:30万円、1ヵ月:300万円】

初期設定はいずれも10万円となっていますが、こちらもいつでも変更が可能となっています。

海外ATMを利用する際には、海外事務手数料(円換算後の利用金額の3.00%およびATM出金手数料100円(税抜))がかかります。

また、一部のATMにおいては、別途現地金融機関の所定手数料がかかる場合もあります。

NCBデビット-JCBの詳細情報

カード名称NCBデビット-JCB
銀行名西日本シティ銀行
年会費1,000円(税抜) 初年度無料
年会費優遇条件あり
入会資格15歳以上(中学生除く)で西日本シティ銀行の口座をお持ちの方
ご自宅またはお勤め先・通学先の所在地が西日本シティ銀行本支店の営業地域内にある方
申込方法西日本シティ銀行本支店窓口または西日本シティ銀行ホームページ
入会審査なし
家族カードなし
ETCカードなし
有効期限5年間
支払い回数1回払いのみ
支払い方法カード利用と同時に普通預金口座から「即時引落」
一部店舗での利用においては、店舗側の都合で後払いになる場合があります。
利用可能店舗国内外のJCB加盟店および国内外のネットショップ
ガソリンスタンド、電気料金等月次課金サービス、高速道路料金、機内販売など、一部利用できない加盟店もあります。

JCB・Cirrusマークがある海外のATM
利用可能金額決済口座の普通預金残高、かつJCBデビット利用限度額の範囲内
利用限度額【国内ショッピング】【海外ショッピング】
普通預金残高の範囲内かつ1回・1日200万円まで(1ヵ月は500万円まで)
初期設定額は50万円(1ヵ月は100万円)
【海外現地通貨引出し(海外ATM)】
普通預金残高の範囲内かつ1回・1日30万円まで(1ヵ月は300万円)
初期設定額はいずれも10万円
円換算レート
(海外取扱事務手数料)
JCBの定める為替レートに西日本シティ銀行が指定した料率(3.0%)を加算したもので円貨換算される
海外ATM利用手数料100円(税抜) 一部ATMにおいて、別途現地金融機関の所定手数料がかかる場合があります。
カード再発行手数料1,000(税抜)
ショッピング保険◯ 海外での利用のみ
第三者不正使用保険
(盗難保険)

 

その他のJCBデビットカードと比較したい方は、下記で紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。

おすすめのJCBデビットカードを完全攻略!全カード徹底比較!おすすめのJCBデビットカードを完全攻略!全カード徹底比較!
JCBデビットカードとは??JCBデビットカードは、後払いのクレジットカードとは異なり、お支払い金額がその場で預金口座から引き落とされるショッピングカードのことです。日本国内はもとより、世界中のJCBマークのある店舗(加盟店)で利用することができます。ショッ...
スポンサード リンク

スポンサード リンク

PAGE TOP ↑