マルイが断然お得になるエポスカードVisaを徹底攻略!

公開日: : 最終更新日:2016/01/22 主婦の方におすすめなカード

マルイが断然お得になるエポスカードVisaを徹底攻略!

エポスカードVisaってどんなカード?

エポスカードVisaの特徴
エポスカードVisaとは、株式会社エポスカードが発行している年会費無料のスタンダードなクレジットカードです。

カードフェイスはシルバーと赤の2種類から選ぶことができ、発行料500円を支払うことで、70種類以上の中から好きなデザインを選択することもできます。

エポスカードVisaは、マルイでの買い物がお得になるほか、レストランやカラオケ店、レジャー施設などでも様々な優待特典を受けることができるのが特徴です。

ショッピング利用にかんしては、利用金額に応じて「エポスポイント」が貯まり、ポイント数に応じた様々な商品やギフトカードなどと交換することができます。

また、マルイをお得に利用できるカードということで、全国のマルイで使える商品券と交換することも可能です。

そして、エポスカードVisaは海外旅行保険が自動付帯になる貴重な1枚でもありますので、海外旅行保険専用カードとしても利用価値の高いカードとなっています。

「エポスポイント」が貯まる!

エポスポイント
エポスカードVisaは、利用金額200円(税込)につき1ポイントの「エポスポイント」を貯めることができます。

貯まったポイントは、エポスカードオリジナルグッズやギフトカード、全国のマルイで使えるマルイの商品券などと交換することができます。

また、マルイ各店・専門店やマルイの通信販売(ショッピングサイト「マルイウェブチャネル」・マルイファッション通販カタログ)でショッピング精算時に、500ポイント=500円として利用することもできます。もちろん、他社のポイントサービスへ移行することも可能です。

交換アイテム名交換レート
マルイの商品券
マルイの商品券
エポスポイント「1,000ポイント」 ⇒ マルイの商品券「1,000円」
iTunesギフトコード
iTunesギフトコード
エポスポイント「1,000ポイント」 ⇒ iTunesギフトコード「1,000円」

エポスポイント「3,000ポイント」 ⇒ iTunesギフトコード「3,000円」
VJAギフトカード
VJAギフトカード
エポスポイント「1,000ポイント」 ⇒ VJAギフトカード「1,000円」
クオ・カード
クオ・カード
エポスポイント「1,000ポイント」 ⇒ クオ・カード「1,000円」
KEYUCA(ケユカ)お買物券
ケユカお買物券
エポスポイント「500ポイント」 ⇒ ケユカお買物券「500円」
スターバックスカード
スターバックスカード
エポスポイント「3,000ポイント」 ⇒ スターバックスカード「3,000円」
モンテローザお食事券
モンテローザお食事券
エポスポイント「1,000ポイント」 ⇒ モンテローザお食事券「1,000円」
シダックスサービス券
シダックスサービス券
エポスポイント「1,000ポイント」 ⇒ シダックスサービス券「1,000円」

一部抜粋

ポイントの有効期限はポイント加算日より2年間

マルイで利用すればいつでもポイント2倍!

マルイポイント2倍
ポイント還元率が0.5%といまいちぱっとしないエポスカードVisaも、マルイでの利用ならいつでも200円(税込)につき2ポイントと通常の2倍のエポスポイントを貯めることができます。

還元率1%は文句なしの高還元率カードとなりますので、マルイを頻繁に利用しているという方には非常にお得なカードと言えます。

ポイント2倍対象支払い:1回払い、2回払い、ボーナス一括払い、ボーナス2回払い

「3回以上の分割払い」、「リボ払い」を利用すればポイントは2~3倍!

エポスカードVisa 分割・リボ払い
3回以上の分割払い、あるいはリボ払いをVisa加盟店で利用すれば、200円(税込)につき2ポイントと通常の2倍のエポスポイントを貯めることができます。

さらに、マルイでの利用なら200円(税込)につき3ポイントと通常の3倍貯めることができます。

リボ払いや分割払いを利用しないという方にとっては、恩恵のないサービスとなりますが、ちょくちょく利用するという方にとってはかなりお得なサービスだと言えますね。

エポスカードが運営するポイントサイト「たまるマーケット」を経由すれば還元率が最大30倍!

たまるマーケット
エポスポイントを手っ取り早く貯めたいという方は、還元率が最大で30倍になる「たまるマーケット」を経由しての買い物がおすすめです。

Amazon.co.jpや楽天市場、Yahoo!ショッピングといった利用頻度の高いお店をはじめ、約450店舗以上が参加していますので、お店選びで悩むということはないかと思います。

ただ、「たまるマーケット」を経由して買い物をしないと、ポイントアップされないという点については注意が必要です。

提携ショップを利用すればボーナスポイントがもらえる!

エポスボーナスポイント
エポスカードと提携している商業施設を利用すれば、ボーナスポイントを貯めることができます。頻繁に利用しているお店がポイントアップの対象だった場合はラッキーですね。

利用場所1回払いリボ払い
シダックス
シダックス
5ポイント6ポイント
HP Directplus
HP Directplus
10ポイント11ポイント
ノジマ(ノジマオンライン)
ノジマ(ノジマオンライン)
5ポイント6ポイント
オンリー
オンリー
5ポイント6ポイント
モンテローザグループ
モンテローザグループ
5ポイント
20歳未満の方は対象外
6ポイント
20歳未満の方は対象外
ビックエコー
ビックエコー
5ポイント6ポイント
KEYUCA(ケユカ)
KEYUCA(ケユカ)
5ポイント6ポイント
アパホテル&リゾート
アパホテル&リゾート
5ポイント6ポイント
MONA新浦安
MONA新浦安
5ポイント6ポイント

電子マネーでもエポスポイントが貯まる!

エポスカードVisa 電子マネー
エポスカードVisaは電子マネーの「楽天Edy」や「モバイルSuica」と紐付けすることで、チャージ1,000円につき5ポイントの「エポスポイント」を貯めることができます。

さらに、楽天Edyにおいては、利用金額200円(税込)につき1ポイントが貯まるといった、今では貴重なポイントの2重取りが可能となっています。

年4回はマルイでの買い物が10%OFF!

マルコとマルオの7日間
マルイには「マルコとマルオの7日間」という ”7日間限定” の割引サービスが年4回開催されています。このセール期間中は、マルイでの買い物が10%OFFになります。

マルイを頻繁に利用している方にとってはお馴染みのセールですが、かなりお得にマルイで買い物ができますので、利用していないという方はぜひ利用してみてください。

食品や書籍、レストランなど一部割引対象外となるショップや商品もありますが、無印良品やロフト、Francfrancといったお馴染みのお店は、しっかり割引対象となっていますので安心してください。

もちろん普段割引がないブランド品もちゃんと10%OFFで購入することができますので、「定価で購入するのはちょっと・・・」という方にはうれしいセールと言えますね。

そしてさらに、無印良品にかんしては、無印良品全品が10%OFFになる「無印良品週間」と合わさることで20%OFF(実質19%OFF)で買い物をすることができますので、さらにお得になります。

このセールは ”カード会員限定” となっていますので、マルイを頻繁に利用しているけどエポスカードVisaは持っていないという方は、作っても絶対に損はしないと思います。

実際、このセールのためだけにエポスカードVisaを保有しているという方も多いですよ。私もその内の一人です(^^)

マルイの通信販売や専門店でも割引対象!

「利用したいけど自宅の近くにマルイ店舗がない」という方も多いと思いますが安心してください。

この10%OFFセールは、マルイ店舗だけでなく、マルイの通信販売(ショッピングサイト「マルイウェブチャネル」・カタログ誌Voi)やマルイの専門店での買い物も対象となっていますので、店舗に行かずともネットから10%OFFで購入することができます。

これは非常にありがたいですね(^^)

ネット購入では気になる送料については、10,000円(税込・割引後)以上で ”配送料無料” となります。また、10,000円未満の注文でも通常配送料の半額で利用することができます。

マルイのポイントアップも対象

先程紹介した、マルイでの利用でポイントが2倍になる特典も、10%OFFセールと併用できますので、さらにお得に買い物することができます。

もちろん、3回以上の分割払いやリボ払いを利用すればポイントは3倍になります。

外食やカラオケするなら「エポトクプラザ」でまずは確認!

エポトクプラザ
エポスカード会員ならロイヤルホストやビックエコーをはじめとした、全国5,000店舗以上のお店で、様々割引や特典をうけることができます。

割引の際にありがちな、クーポン券を印刷したり、クーポン画面を提示するといったわずらわしさもなく、「エポスカードVisaの提示やカードでの支払い」で簡単に割引や特典を受けることができますので、非常に使い勝手が良く便利です。

レストランやカフェ、カラオケやレジャー施設に行く際には、必ずそのお店がエポスカードと提携しているのかを公式サイト「エポトクプラザ」でチェックすることをおすすめします。

うれしい自動付帯の海外旅行保険!

海外旅行保険
エポスカードVisaはマルイでの買い物がお得になることが魅力ですが、実は海外旅行保険もかなり充実しています。

その理由としては、死亡・後遺障害よりも利用頻度が高い「傷害治療費用」、「疾病治療費用」の補償額が高いということと、保険を適用するための条件がない ”自動付帯” だという事です。特に、年会費無料カードで自動付帯というのは何よりの利点です。

海外旅行保険の補償額は、死亡・後遺障害以外を他のカードと合算することができますが、利用付帯のカードだと合算できる数も限られてきます。

その点、自動付帯には条件がありませんので、持っているだけで保険適用となります。これは海外旅行好きには非常にありがたいことだと言えます。

ですから、「マルイでの買い物はしないけど、海外旅行には良く行く」という方は、海外旅行専用カードとして保有しておくのも良いかと思います。

エポスカードVisaの基本情報

カード名称エポスカードVisa
カードブランドVISA
申込資格満18歳以上の方(高校生は除く)
年会費本人無料
家族カード
ETCカード無料
支払い支払方法1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス一括払い、ボーナス併用払い
締め日①毎月27日 ②毎月4日 選択制
支払い日①翌月27日 ②翌月4日
手数料分割払い15.00%(実質年率)
リボ払い15.00%(実質年率)
キャッシング18.00%(実質年率)
ポイント名称エポスポイント
換算率通常利用時 :200円(税込) = 1ポイント(還元率0.5%)
マルイ利用時:200円(税込) = 2ポイント(還元率1.0%)
発行元社名株式会社エポスカード
所在地東京都中野区中野4丁目3番2号

海外旅行保険

傷害死亡・後遺傷害最高 500万円
傷害治療費用200万円 限度(1回につき)
疾病治療費用270万円 限度(1回につき)
賠償責任2,000万円 限度(1回につき)
自己負担額なし
携行品損害20万円 限度(1旅行中)
自己負担額1回の事故につき3,000円
携行品1つあたり10万円限度
救護者費用年間 100万円 限度
家族特約
適用条件「自動付帯」
カード加入日(カード発行日)の翌日以降に日本を出発される旅行が対象
補償期間1回の旅行につき日本を出発した日から「90日間」

国内旅行保険

死亡・後遺障害
入院日額
通院日額
手術(1回)
家族特約
適用条件

ショッピング保険

名称
補償額国内
海外
適用条件
補償対象
補償期間

招待状をもらってゴールドカードへグレードアップ!

エポスカードVisaには「エポスゴールドカード」という上位カードがあります。いわゆるゴールドカードと呼ばれているものですね。

一般的にゴールドカードというのは、サービスなどが一般カードに比べて充実している分、年会費が割高になるということが多いですが、エポスゴールドカードも年会費として5,000円が必要になります。

ですが、エポスカードには「インビテーション」と呼ばれる制度があり、これを利用することで、「エポスゴールドカード」を年会費無料で持つことができるようになります。

インビテーションというのは、カード会社から「ゴールドカードに切り替えませんか?」という ”招待状” が届けられることを言います。

もちろん、使ってすぐに招待状が届けれるということはありませんが、「年間50万以上の利用を2~3年程度」続けていれば届けられるのではないかと思います。要は、ある程度の実績作りが必要だということですね。

そんなには待てないという方は、エポスカードVisaをメインカードとしてガンガン使ってみてください。ひょっとしたら、1年で届けられることもあるかもしれませんよ(^^)

では、実際に一般カードの「エポスカードVisa」とゴールドカードの「エポスゴールドカード」の違いを比較していきたいと思います。大きな違いとしては、次の5つ。

エポスカードVisaとエポスゴールドカードとの違い

1.エポスポイントが有効期限のない永久ポイントになる

エポスカードVisaの場合、エポスポイントの有効期限が「2年間」に設定されていますが、エポスゴールドカードになることで有効期限のない「永久ポイント」になります。

「今まで貯めたエポスポイントはどうなるの?」と思う方もいらっしゃるかと思いますが、ゴールドカードに申し込みをした時点で、持っているポイントはすべて永久ポイントに切り替わりますので、その点については心配いりません。

有効期限に縛られず、ポイントをゆっくり貯めれるのはやっぱりうれしいですね(^_^)

2.年間の利用額に応じてボーナスポイントがもらえる

エポスゴールドカードなら、年間のクレジット利用金額(税込み割引後)に応じて、最大10,000エポスポイントがプレゼントされます。

マルイ・Visa加盟店合計の利用金額ボーナスポイント
年間50万円以上2,500円相当(2,500エポスポイント)
年間100万円以上10,000円相当(10,000エポスポイント)

 
年間100万円のハードルはなかなか高いですが、エポスゴールドカードをメインカードとして、毎月の固定料金や日々の買い物に使っていれば、比較的簡単にクリアできるのではないかと思います。

3.空港ラウンジが無料で利用できる

エポスゴールドカード空港ラウンジ
ゴールドカードの特典といえば、空港ラウンジを無料で利用できるということがあげられますが、エポスゴールドカードももちろん、国内外の主要な空港ラウンジを無料で利用することができます。

利用可能な空港ラウンジについてはこちらを参照してください。

4.傷害死亡・後遺傷害、傷害・疾病治療費用の補償額がアップ

エポスカードVisaの海外旅行保険も、高い傷害・疾病治療費用、そして自動付帯と満足のいく内容ではありますが、エポスゴールドカードになることで、「傷害死亡・後遺傷害」、「傷害治療費用」、「疾病治療費用」の補償額がさらにアップします。下記参照

補償額
傷害死亡・後遺傷害最高 500万円 ⇒ 1,000万円
傷害治療費用200万円 限度(1回につき) ⇒ 300万円
疾病治療費用270万円 限度(1回につき) ⇒ 300万円

海外で必要性の高い傷害・疾病治療費用がアップするのは ”安心” の一言ですね(^^) なお、上記3つ以外の補償額については、エポスカードVisaと同額になります。

5.ゴールド会員だけの特典が受けられる

エポスゴールドカードは、今までのエポスカードの特典はそのままに、ゴールド会員限定のサービスを受けることができます。ただでさえ利用価値の高い「エポトクプラザ」がさらにお得に利用できるようになります。

また、国際線を利用する際、手荷物を一時的に預かってくれる「Visaゴールド国際線クローク(一時預かり)」の利用料金が通常価格より15%OFFで利用できたり、海外でのエポスカード紛失・盗難時に ”無料” で緊急カードを発行してくれるといったサポートなども受けることができます。

 

スポンサード リンク

スポンサード リンク

みずほ銀行
みずほ銀行のみずほJCBデビットを徹底攻略!実質年会費無料で持てる充実した補償内容は必見!

今回ご紹介するJCBデビットは、日本三大メガバンクの一つであるみず

セブン銀行 デビット付きキャッシュカード
nanacoが貯まる!セブン銀行 デビット付きキャッシュカードを徹底攻略!セブン-イレブンでは圧巻の還元率1.5%

今回ご紹介するJCBデビットカードは、セブン銀行が2016年10月

NCBデビット-Visa
西日本シティ銀行のNCBデビット-Visaを徹底攻略!【Visaデビットカード】

今回ご紹介するVisaデビットカードは、西日本シティ銀行と九州カー

NCBデビット-JCB
西日本シティ銀行が発行するNCBデビット-JCBを徹底攻略!【JCBデビットカード】

今回ご紹介するJCBデビットカードは、西日本シティ銀行と九州カード

smbc
ついに誕生!三井住友銀行 SMBCデビットの特徴を徹底攻略!

SMBCデビットの特徴 SMBCデビットは、クレジットカード会社

→もっと見る

PAGE TOP ↑